日本の道路総延長はどれくらいか

道路は人間が生活する上で欠かせないツールの1つです。人や物のみならず、文化や情報もこの道路によって発展してきたのです。そして最近では交通機能だけでなく、災害時の避難場所などとしても活用される重要なツールとなっています。そこでそんな人間に欠かせない道路について、日本での総延長はどれくらいなのか気になりますよね。
道路と一言で言ってもその種類は様々です。そこで今回は高速道路、一般国道、都道府県道、市町村道といった、道路法に基づく道路の総延長についてまとめてみました。
平成18年4月1日の道路統計年報によると、高速自動車国道は8983km、一般国道のうち国が管理する国道が27823km、都道府県が管理する国道が39018kmで合計66842km、都道府県道が14244km、市町村道が1038339km、道路法に基づく道路は合計1256607kmとなります。125万kmと言われても数字が大きすぎで想像がつきませんよね。地球は1周4万75kmと言われています。これを日本の道路総延長に換算すると、なんと地球を30周もできる距離になるのです。約38万km²の面積であるのに対して、道路が非常に発達していることがわかるでしょう。

コメントは受け付けていません。