日本国内に存在するトンネルの数と種類

日本は道路が発達し、自動車などの移動手段を使用すると、比較的スムーズに移動することができます。道路と言っても様々な種類がありますし、それに付随するものも様々あります。安全かつ楽しみながら運転するためにも、道路に関するある程度の知識を身につけておくのがいいでしょう。
日本は山が多いという地形上、トンネルが非常に多いです。そこで国内に存在するその数と種類を簡単にご紹介します。
まず道路には道路法で定められたものと、それ以外のものがあります。前者が高速道路、一般国道、都道府県道、市町村道で、後者が広域農道や農道、林道、自然道、里道、その他などに分かれます。数に関して道路法で定められたものに関して話を進めていきます。
まず数ですが高速道路には743、一般国道には3402、都道府県道は23878、市町村道は2438で合計8970となっています。そして種類ですが、まずは場所による分類があります。一般的な山岳、都市の建物の中や地下を通る都市、川底や海底の水底、水族館などであるアクリル樹脂などで透明になっていて外の水中を眺められる水中、そして用途による分類では道路として自動車用、歩行者用、鉄道、水を流すための水路、ワインなどの貯蔵用、きのこなどの栽培用など自動車や歩行者が歩く道という用途以外にも使用されています。

コメントは受け付けていません。