道路の持つ役割

道路は社会生活に欠かせないツールです。古来より人や物だけでなく、情報、文化をも運んできたのです。そんな私たちの暮らしに密着したなくてはならない存在ですが、意外とその役割について考えたことがある人は少ないでしょう。そこで、その役割についてもう一度きちんと理解しておきましょう。
実は大きく分けて2つの機能を果たしていると言われています。1つ目が交通機能、そしてもう1つが空間機能です。
交通機能とは私たちが一般にイメージしている機能です。つまり、自動車や歩行者が安全に通行でき、私たちの生活や産業の発展を支えているという機能です。
意外と忘れられがちなのがもう1つの空間機能です。空間機能といってもピンとこないかもしれません。例えば基本的な都市の骨格を形作っている市街地形成や、地下には電気、ガス、水道、下水道、電話線など私たちの生活に欠かせないライフラインを収納する収納空間、救急車、消防車などの緊急車両の円滑な活動を可能としたり、災害時の延焼を防いだり、地震などの災害時には避難路や避難場所となる防災空間、住宅の密集した市街地などでは各家の採光、通風を確保したり、お祭りやイベントの舞台としての利用など環境空間としてなど、様々な機能を兼ね備えているのです。

コメントは受け付けていません。